;

家を買ったら読む本

book120.jpg 家を買ったら読む本/晋遊舎ムック

この度、良くご質問などをいただく・・ 住宅(新築マンション、一戸建て)を購入したときの”しなければいけない事””心がけておきたい要素””内覧会に関する要素””住宅のお手入れポイント”などを一冊のムック本として発売することになりました。主に「内覧会関連情報」「住まい方情報」について監修させていただきました。ご参考としていただけたら幸いです。
◇スポンサードリンク◇

2015年02月27日

やはり今回の年度末は、特に建売戸建て住宅の完成遅れが目立ちます。

一年前から想定していた状況が、実際に今回の年度末(1月〜3月)に現れてきています。

「新築マンション」ですら、その傾向が現れているのですが、特に「建売戸建て住宅」は尚更・・『住宅の完成遅れ』が目立ってきています。工期が遅れている大半の理由は「もともと無理な工事工程を顧客に提示していたこと」が要因となっているんですよね。

現在の職人不足・建築資材の入手期間などの多数の課題が存在している建設業界において、「短期間で建物工事を終わらせる」ということは、ある意味無謀なこと。様々要素をきちんと把握した上で、適切な「工期」を確保することこそが良心的な対応(施工者・販売者側の対応)なのだと思うのです。

しかし、実際には各事業者側の勝手な都合・・特に、「年度の売上高確保」「赤字決済の回避」といった企業側の都合によって、もともと無理があるのに「2015年3月中には完成・引渡しが出来ます」ということを謳い文句として、顧客を確保してしまっている・・そんな傾向があるのです。

購入者側としても、4月は新年度を迎えることになりますので、3月中に引越しがてぎる物件を求める傾向がありますからね。そんな双方の事情が重なり・・年度末、特にこれからの「3月引渡し物件」の数が増大傾向となるのです。

でも、先ほど言ったように現時点で「工期遅れ」となっている建売住宅物件は増大傾向に。例年以上に今回の年度末は遅れが目立っています。

当然、単に工期遅れとなっているだけではなく・・「施工ミス」「施工不良」「雑な施工」が非常に多くなっているんですよね。これは、すでに1月・2月に戸建て住宅の内覧会検査を行う中で実感してきています。間違いなく、来週から迎える3月は、さらにそんな不良物件の確率が高まることに。3月内覧会を迎える予定の方は、要注意の気持ちを持って対処していただければと思います。

内覧会時に、きちんと施工状況を確認しておくことは必須かと。戸建て内覧会同行(立会い)検査のサービスなどを積極的にご活用いただければと思います。

年度末(3月)の引渡し物件は要注意!の特集はこちら。
posted by kure at 09:09| Comment(0) | 新築戸建住宅関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。