;

家を買ったら読む本

book120.jpg 家を買ったら読む本/晋遊舎ムック

この度、良くご質問などをいただく・・ 住宅(新築マンション、一戸建て)を購入したときの”しなければいけない事””心がけておきたい要素””内覧会に関する要素””住宅のお手入れポイント”などを一冊のムック本として発売することになりました。主に「内覧会関連情報」「住まい方情報」について監修させていただきました。ご参考としていただけたら幸いです。
◇スポンサードリンク◇

2014年04月01日

新築住宅(戸建て・マンション)の品質確認が益々重要に!!”消費税UP””職人不足”

今日から新年度が始まります。

今年は、なんといっても”消費税UP”が大きな話題となっていると共に、社会的な影響が今後徐々に表面化してくるのではないかと感じています。

今後の”新築住宅(戸建て・マンション)購入”に関連した影響を考えてみたいと思います。


■”消費税UP””五輪建築需要の拡大””復興需要の拡大”による新築住宅の品質低下(施工不良)に注意!!

私も建築業界に長年携わってきていますので、「社会動向」と「新築住宅」との関連性が明瞭に見えてくる要素も多々あるものです。

現在の社会動向として”新築住宅建設(マンション・戸建て)”に大きな影響を与えると推測できるのが”消費税UP””五輪建築需要””復興建築需要”の3要素です。特に影響として問題となりそうなのが・・。

新築住宅の品質低下(施工不良の増加、ミスの増加)

という要素です。

少なくとも東京オリンピック開催年までが目安となりますので、今後”5年〜7年間”は、新築住宅の品質低下が目立つようになることが推測できるのです。

その理由となるのは、まず”消費税UP”。住宅建設には、実に多種多様な企業が関わっているのです。関わる会社が多ければ多いほど、”消費税”の影響が二重三重に加わってくることになるんですね。それが「工期を少しでも短縮する」とか「様々な費用負担が大きくなる」などへと繋がっていくことになるのです。

その結果として、「丁寧に施工をする」という部分が欠落しやすいなることに。単純な施工ミス・施工の丁寧さに欠ける仕上がりが多くなってくるのです。

”五輪建設需要””復興建設需要”は「住宅建設に携わる様々な職人不足」を招きます。もともと、熟練した職人が少なくなってきていた状況がありましたが、熟練工だけでなく、とにかく職人数自体が圧倒的に不足するという状況が推測できるのです。

その影響を歴然としたものに。
「単純施工ミス」「施工不良」はほぼ間違いなく激増します。実際過去に何度かこのような社外動向が訪れたことがありますが、そのような状況下で実際に、”施工ミス””施工不良”は激増しているという実績?があります。

”仕上がり”に丁寧さが欠けるという要素だけであれば、きちんと修繕してもらえれば、まだ問題なくすみますが・・特に、”人為的なうっかりミス”というのは、建築構造・機能性に大きく関わる重大な問題を生む可能性があるのです。

実際すでに、そんな兆候は出ており

業界最大手の企業の組み合わせにも関わらず・・

*三菱地所レジデンスが販売、鹿島建設が施工していた東京・青山の高級マンション「ザ・パークハウス グラン 南青山高樹町」

は構造的な大きなミスが多数発見され・・販売中止となったというニュースがありましたが、先日もさらに同様に

*積水ハウス が販売、大成建設が施工中の東京・白金に建設中の地上30階建て高級マンション

においても構造的なミスが発覚。大規模なミス修正が余儀なくされたというニュースが飛び込んできました。

正直、これらの出来事は”氷山の一角”と考えるのが妥当だと思います。

今後5年〜7年間に作られる新築住宅(マンション・戸建て)はそんな環境下で作られることを十分に購入者として認識しておくことが必要となります。益々「内覧会時の検査確認」が必須となるのは当然のこと・・出来れば「実際の住宅を確認してから購入」出来るような物件を選択するのが望ましいものとなります。

建物建設(住宅品質)は、結局”個々の人(職人、監督)”の良し悪しによって、大きな影響を受けるものであり、「企業名」などで判断できるものでは無いということ。基本は、単純施工ミスは存在するものを前提として、きちんと確認することが大切ということなのです。
タグ:雑談
posted by kure at 11:00| Comment(0) | 徒然日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。