;

家を買ったら読む本

book120.jpg 家を買ったら読む本/晋遊舎ムック

この度、良くご質問などをいただく・・ 住宅(新築マンション、一戸建て)を購入したときの”しなければいけない事””心がけておきたい要素””内覧会に関する要素””住宅のお手入れポイント”などを一冊のムック本として発売することになりました。主に「内覧会関連情報」「住まい方情報」について監修させていただきました。ご参考としていただけたら幸いです。
◇スポンサードリンク◇

2010年12月27日

「図面(設計)」は単なる「絵」ではありません。/一級建築士日記

時々

仕事関連のご相談などを通じて聞く言葉のひとつに。

「ちょっと、平面的な改修計画プランだけを簡単に書いてほしい」

といったご要望をいただくことがあります。(^^ゞ

相談者側としておそらくは、「どんな間取りになりそうか」といったことや「どの程度の改修工事費用が必要となりそうか」といったことを知りたい・・掴んでおきたいといった気持ちからの相談内容だと思います。

でも、ぜひ認識しておいていただきたいのが・・。


建物の計画図(設計図)・改修設計図などは単なる「絵」ではない
ということ。

案外、この認識を持っていない(設計とは何かということを多くの人に伝えられていない)人が多いように感じています。

欧米と比較すると、あきらかに日本の場合には「企画・設計・提案」といったことに対して「対価を支払う」ということを嫌がる(^^ゞ傾向があります。これは建築設計に限ることではなく、様々な分野における「企画・設計・提案」といった要素に関して同じ傾向が感じられるのです。

そういう意味では、もっともっと「企画・設計・提案」に関する情報発信をしていく必要があるということを示しているのではないでしょうかね。

私も、常に仕事を通じて心がけている要素のひとつなのですが・・実際には、なかなか上手く伝えられないといいますか、広めていけない要素のひとつとなっています。(^^ゞ

例えば

建物の内装・プランの改修をしたいというご相談に関連して、「簡単に平面計画だけでもほしい」とご要望をいただいたとき困ることがあるのですが・・。

新築計画と異なって「改修計画」の場合には、『構造検証』『現状把握(建物現状)』『詳細な納まり検討』をきちんと行わない限り、「改修平面計画」をすることができないんですよね。

詳細な検証と計画力が必要不可欠なんです。

それを無視して、「改修の平面計画」を描いてしまうのなら・・まさに単なる「絵」になってしまうのです。

・構造的に可能かどうかもわからない
・実際に設備配管などが納まるかどうかもわからない
・床のレベルが高くなってしまうのかもしれない

など
といった要素を含んだままの「単なる平面的な絵」を作って(もらって)・・意味があるのでしょうか?

さらに「改修計画の工事予算」を掴みたいときには、「詳細な改修設計」が必要であることも覚えておくといいと思います。実際に「詳細設計」もしないまま・・リフォーム・改修工事を初めてしまう(工事業者へ工事依頼)ことで当初の見積もり金額と実際にかかった工事金額に大幅な違いが出てしまうケース(工事金額UP)など山ほどあるのが実状です。

最初の「企画・設計・提案」に費用をかけないようにした結果

実際の工事金額としては予定していたもの(見積もり時)よりも戸建て住宅程度の建物であっても「数百万単位」でUPしてしまった・・余計な費用がかかった・・ということはざらにあること。

何事も、事前の「準備と計画」が大切なのです。

タグ:設計 仕事
posted by kure at 10:41| Comment(0) | 一級建築士のお仕事とは

2010年03月29日

建物関連の相談は「無料」です/一級建築士日記

”一級建築士”といってもその仕事内容にも様々な種類があり、役割にも複数の種類があるのです。

ただ

どうしても、その実体が一般の方々には伝わりにくいようなんですよね。まあ、どの業界・仕事においてもそういう傾向があるのではないでしょうか。

・デレビ、メディア
・ドラマ、映画

などで取り上げられるほんの一部の「建築士」のイメージが”一級建築士”としての全体像として認識されてしまうことが多いようです。

これはある意味しかたがないこと。

やはり個々で地道ではあっても”情報発信”を継続していくことが大切なんだと思っています。(*^^)

このブログもそういう情報発信の一環。


度々お休みする・・(^^ゞことはあっても、継続していくことを大切にしていきたいと思っています。


なんといっても「情報発信」の効果として一番最初に期待したことは、専門家としては”当たり前”と思っていることが、普通の方々にとっては

揺れるハート知らなかったこと
揺れるハート特別なこと

として意識されていることを見つけ出して、その相違を解消していくことです。(*^^)

少しずつでも・・そういう情報交換ができていければと思っています。

そこで・・まずは・・

晴れ建物関連の最初のご相談ごとは「無料」で対応しています。(^^ゞ

一級建築士というと「敷居が高い」といったイメージもまだまだあるようなので、気軽に声をかけれない・・ということがあるようですが

そんなことはありませんよ。(^^ゞ

今は「メール」が普及していますので、気軽に何か知りたいことなどがあれば”メール”にて質問・問い合わせをしていただければと思います。(*^^)

メールの場合、2.3日はご返信までに時間がかかることもあるかと思いますがよろしくお願いいたします。<(_ _)>

posted by kure at 10:20| Comment(0) | 一級建築士のお仕事とは

2010年02月16日

「住宅・建物」の相談窓口が建築士/一級建築士日記

一級建築士といっても、その中でさらに「専門分野」が分かれていたりします。

大きな違いは・・。

「意匠」「構造」「設備」

といった建築分野ごとの分類。

「意匠」というのは、建物をデザインしたりする一般的な”建築士”としてイメージされている仕事を専門とする建築士です。

他にも「建物用途別」「仕事内容別」など

分類方法はいくつかあります。

このあたりのことは、一般の人々にとってはなかなか理解しにくい要素となっているのではないでしょうかね。(^^ゞ

それでも

「建物や住宅」に関連したことであれば、『建築士』に気軽にご相談することをおすすめいたします。(*^^)

『建築士』とは、”建物・住宅”に関する「相談窓口」と思っています。実際”技術的な要素”以外に様々な「建物・地域に関する法規制」要素・「地域環境」といった要素に対する知識も有していますから、助言できる範囲もわりと広く・・

気軽な相談窓口として十分活用してもらえるものと思っています。

もちろん

「建築士」も人ぞれぞれで個性も能力も異なりますから、電話・メールなどで相談連絡をしてみて、”自分に合わない”と感じたら他の建築士にも相談してみるといいと思います。(*^^)

・植栽
・色計画
・風水
・自然環境
・素材

などなど
人によって対応できる要素もいろんな広がりを持っていますから、ぜひ電話やメールで手軽に「質問・相談」をしてみていただければと思います。
posted by kure at 11:24| Comment(0) | 一級建築士のお仕事とは

2010年01月08日

「建物」のコンシェルジュ/一級建築士日記

「一級建築士」

としての仕事内容・範囲は実に幅広いものとなっています。

ゆえに、実際は「分業化」されている要素も多いんですよ。

ですから・・「一級建築士」という職業自体、本来「専門的な仕事」なのですが、実際にはさらに細分化されて「●○の専門家の一級建築士」と細分化していえるような状態となっているんです。(*^^)

簡単な例えを言えば・・。

建物用途として
「戸建て住宅は専門的に対応できるけど、マンションは得意ではない・・」とか

「大きな事務所ビルは専門的に対応するのが得意だけど、戸建て住宅は経験が無い・・」
などといったことがあります。

また建物構造の種類でも
「木造の建物は設計できるけど、RC・鉄骨造はできない・・」
逆に
「RC・鉄骨造は設計できるけど、木造は不得意・・」
など構造種別でも、得手不得手、できるできないが存在しているのです。

他にも

「建物の企画・提案・デザインは得意だけど、実施設計が不得意・・」とか

「実施設計・機能的な設計が得意だけど・・企画・デザイン提案が不得意・・」など

といった技能的な違いも多々あるんです。(*^^)

そういう意味では・・一般的になかなか「一級建築士」を探すのが難しい(違いがわからない)・・という話しを聞くのも、ある意味もっともなことだなぁ〜と思うんです。(^^ゞ

もっと各一級建築士が「自分の得手不得手、得意な分野・技能」をアピールしていくことが大切なのではないかと思っています。

ー(長音記号1)ー(長音記号1)

ということで・・まずは私の「一級建築士」傾向を宣言(・・ヾ( ̄o ̄;)オイオイ大げさな(笑))しておきたいと思います。(o^∇^o)ノ

晴れ得意な建物用途
・旅館、ホテルなどの宿泊施設
・戸建て住宅、マンション
・クリニック系施設
・展示施設

満月不得意な建物用途
・工場施設

晴れ得意な技能
・総合的な「建物コンシェルジュ」を目指しています。
・特に「初期相談対応」。
・実施設計
・建物診断チェック「公認インスペクターの資格有り」
・自然素材の選択・活用
・リフォーム設計

やや欠け月専門的でない技能
・構造設計と設備設計。
(構造設計士と設備設計士をパートナーとして協力体制を創出しています。)


晴れ新築設計で対応できる建物構造
・RC造(鉄筋コンクリート造)
・鉄骨造
・木造(在来工法)

半月経験はあっても得意ではない構造
・ログハウス
・PC造

晴れ得意な分野・知識
・「自然環境」「自然素材」の知識。
・「現代自然風水」の知識

半月好きではない(不得手)分野・知識
・コンクリート打ち放しの建物。
・無機質な建物空間
posted by kure at 10:14| Comment(0) | 一級建築士のお仕事とは

2010年01月03日

「調査企画・提案」業務〜「法令」遵守

今回は「調査企画・提案」業務の具体的な話しの前に・・「企画・調査」段階で大切なひとつの要素となっている・・。

晴れ「法令」遵守

について話しをしてみたいと思います。



基本的に「一級建築士」は、【士】という名前が付くように・・ひとつ大切な役割を有しています。それが・・。

晴れ様々な『法令』を理解し遵守すること。

といった「役割」なんです。
案外一般の方には知られていないようなのですが、実はとても大切な要素なんですよね。

建物に関していえば「建築基準法」といったものがあることは知られていめかもしれませんが、日常生活において、「建物の建築・改修・運営」に関連した「法令」というものはものすごく沢山存在しているのです。

ここではいちいち列挙はいたしませんが、「民法」なども関連したりするんですよ。

ですから、実際には・・。

揺れるハート相談いただいた要素に関連して、どんな「法規制が存在」していて、どんな課題などがあるのかといった事を”調査”し・・・さらに相談者(お客様)に伝達・説明をすること。

揺れるハート「法令」に関連した、関係者(行政など)と折衝・調整を行い、少しでも相談者にとって「理想的(有効な)な」法解釈及び手法を模索・提案すること。

といった内容が「法令の理解と遵守」の要素に関する具体的な仕事内容(要素)となっているのです。


一般的に「建築士」「設計者」というと、「建物の計画をする」「建物の設計図を書く」といったことのみが仕事と思われているのではないかと思いますが、これらもあくまでも、大きな業務の流れのひとつでしかないんですよ。(^^ゞ

もちろん・・。

仕事の「目的」に一番近い要素は「建物の計画の立案」「設計図の作成」ではあるんですけどね。

他の「士」の付く仕事としても・・。

「弁護士」などがわかりやすいかと思いますが、やはり・・。

・相談者の利益確保

といった最大の目的と同時に・・

・様々な「法令」の遵守

といったものが同時に存在しているわけです。


「消防士」

という職業も、一般的には「消火活動」「人命救護活動」が最大の目的であることは知られていますが・・実は同時に・・。

「消防法」
という法令の遵守を推進するといった大きな役割も有していることはあまり認識されていないことなのではないでしょうか。


かわいい一級建築士

も・・。
揺れるハート相談者の相談・希望としての「土地・建物の活用」「建物計画の立案」を最大の目的とした上で・・。

同時に
揺れるハート「建築基準法など」の法令遵守
といった大きく2つの役割があるのです。(。・_・。)ノ
posted by kure at 07:00| Comment(0) | 一級建築士のお仕事とは

2010年01月02日

一級建築士の仕事とは

新年明けましておめでとうございます。

2010年庚寅年が無事スタートすることとなりました。

まずは当ブログ・・今年一年、しっかりと継続していけるようにと念じつつ今年最初の記事をUPしていきたいと思います。(^^ゞ


まずは・・やはり・・

かわいい一級建築士の仕事

について・・概要に触れてみたいと思います。

どうしても一般的に「士」の付く仕事というのは、”少々肩肘を張ったもの”として捉えられがちなのですが

「一級建築士」

としての仕事の場合には実に「多様な内容」が存在しているんですよね。

同じ「一級建築士」という資格をもって「設計事務所」として仕事をしていたとしても、「仕事の内容」は大きく異なっている場合も多いものです。

ですから・・正直・・何か「相談」したいという事柄が発生した場合には、適材適所で「建築士」を選択するということも、必要な要素となることも多々あるんです。(^^ゞ

こういう要素が、さらに「建築士」の仕事内容が把握しにくいものとなっているのかもしれません。

一気に内容を示すことはとても出来ませんので、今後少しずつ・・様々な視点から話しをしていきたいと思っています。


「一級建築士の仕事」を大まかに分類してみると下記のような要素があります。

***
揺れるハート調査企画・提案業務
揺れるハート基本設計業務
揺れるハート実施設計業務
揺れるハート工事監理業務
***

この分類方法は、「仕事の内容(特性)」によって分けたものです。

まずは次回以降、この分類に沿って・・それぞれの要素をお話していきたいと思います。(*^^)
posted by kure at 17:31| Comment(0) | 一級建築士のお仕事とは