;

家を買ったら読む本

book120.jpg 家を買ったら読む本/晋遊舎ムック

この度、良くご質問などをいただく・・ 住宅(新築マンション、一戸建て)を購入したときの”しなければいけない事””心がけておきたい要素””内覧会に関する要素””住宅のお手入れポイント”などを一冊のムック本として発売することになりました。主に「内覧会関連情報」「住まい方情報」について監修させていただきました。ご参考としていただけたら幸いです。
◇スポンサードリンク◇

2011年03月06日

玄関の「鏡」の配置。

今は新居(一戸建て・マンション)への引越し季節となっています。

”引越し”時に検討しておかなければいけないこと・・は思いのほか、多いものなんですよね。

昔は、無かったものの・・現代ならではの要素となっているのは「インターネット」の業者選定や方法選択です。

以前は「電話」工事だけをすればよかったのですが・・

現代では、様々な組み合わせ・・多様性が増していますので、「固定電話」「インターネット」「携帯電話」の組み合わせをどのようにしておくか・・できれば引越し前に検討しておきたい大切な要素となっています。(*^^)


昔からある要素として、案外忘れがちなのが

「玄関空間への鏡の設置」

です。

玄関の鏡は、出勤前の姿確認、帰宅時の姿確認といった実用性に加えて・・。

風水的にも、

「お部屋の中に災いを呼び込まない」
「良い自然エネルギーのみをお部屋に取り込む」

といったためにも「鏡の設置」が大切なんですね。


ただ

ひとつ注意してほしいのは・・・。

玄関に入って正面に「鏡」を設置しないということ。

正面に設置してしまっては、逆に悪い影響を及ぼしやすいので注意です。
(*^^)
posted by kure at 17:27| Comment(0) | 質疑応答

2010年09月03日

一戸建て住宅の『洗濯パン』の必要性について【質疑応答】/一級建築士日記

本日は、いままでメールなどでご質問いただいたことにある要素について、公開したいと思います。

今回は「一戸建て住宅の洗濯パン」について。


exclamation&question質問

一戸建て住宅を購入したところ、「洗濯パン」が付いていませんでした。以前使用しているときに、洗濯排水漏れを起したことがあるので取り付けたほうがいいかなぁと思うのですが・・。

購入した不動産屋には「排水が漏れることはほとんどありませんので、洗濯パンは不要です」といわれました。
洗濯パンは設置しないほうがいいでしょうか?



この話しは度々耳にすることがある要素でしたので、こちらで取り上げてみたいと思います。

基本的に新築マンションの場合にはかならず「洗濯パン」が設置されています。それは、万が一洗濯排水がもれたときに下層の住戸へ影響を及ぼしてしまうといけないからという配慮からです。

で・・最近の一戸建て住宅はといえば・・。

「洗濯パン」が付いていない住宅が多くなっています。

下記のように床から直接排水管が立ち上がっているパターンです。

03.jpg

これは「洗濯排水が漏れることが無いから」ではなく、「排水が漏れたとしても一階であれば、一階床下に水が漏れるだけなら大きな問題にはならないから」という前提のもと

正直、売主側として少しでも「住宅価格を安くしたいから、削ることができる要素は付けるのをやめましょう」というどちらかといえば効率的(消極的?)な考えからでてきている要素なんです。

ですから本当であれば上記のような質問・疑問に対しては「不要です」と答えるべき話しではなく

「洗濯パンの購入・設置費用がかかりますので、費用に対する価値判断はお客様にて判断していただければと思います。その上で、洗濯パンを取り付けるメリットがあります。(デメリットはありません)」

と答えるのが正確な答え方だと思のです。(*^^)私としては。


その上で「洗濯パン」を設置することのメリットを説明するのがいいのではないでしょうか。

洗濯パンを設置するのであれば、下記のような脚(台座)が付いているものをおすすめします。

04.jpg

「排水漏れ」が起きたときに、対処できるといった一番メインのメリットを別とした場合。


この洗濯パンなら大きなメリットが3つあります。

ひとつが

晴れ排水口位置に関わらずにどんな洗濯機(タイプ)でもホースと排水口を接続しやすい(できる)ということ。


これはとても大きなメリットです。洗濯機の底と排水口の間に空間ができるため、余裕をもってホースの取り付けができるのです。

これが洗濯パンのない床から直接排水口が飛び出ているタイプだと洗濯機の大きさや排水ホースの位置によってなかなかホースと排水口が接続できない・・なんてことも度々あるもの。

洗濯パンがあるからこその強みです。

◇スポンサードリンク◇



次に

晴れ排水ホースが曲がる(スムーズな形で)ことなく接続できること。

これも前項と関連する話しですが、床から直接排水口がでている状況だと、ホースを接続する上で無理やりホースを曲げたりして対応することになりがちです。

この時問題となるのが、「ニ重トラップ」となりうること。

”トラップ”とは排水管をU字型などにあえて曲げることによって、排水管内の”臭い”があがってこないようにする仕組みです。

で・・このトラップは原則一系統に「一箇所」とする必要があるのです。排水が流れにくくなってしまうのを防止するために。

なのに排水ホースを無理やり曲げて接続していると、このホースが「トラップ」と同じ状況を作りだしてしまうんですよね。そう・・2ヶ所のトラップが存在していることになるんです。

そのため「排水」自体が上手く流れなくなることも多々あることに。

3つ目は

晴れ単純に洗濯機したの掃除がしやすいこと。

洗濯機と洗濯パンの間空間がありますから、簡単に掃除がしやすく
なるのです。

いかがでしょうか。

これらのメリットと費用を比較した上で、「洗濯パン」の設置を検討してみてはと思います。私としては、費用的に購入できるものであれば「設置」したほうが間違いなく良いものと考えています。
(*^^)

戸建住宅の洗濯機「防水パン」は本当に必要ないのか?!はこちら。

◇スポンサードリンク◇


posted by kure at 15:55| Comment(0) | 質疑応答