;

心地よく過ごすための”住宅”との付き合い方

基本的に”心地よい生活”を送る為には、自分が住んでいる”住まい”の特性を理解しておくことが必要です。ひとつひとつ「住環境」「間取り」「素材」が異なれば、”住まいの特徴”もそれぞれ違ったものになるからです。

当ブログでは、そんな「心地よい生活」を過ごすための参考となる情報や出来事・要素をお話していきたいと思っています。お楽しみいただければ幸いです。

家を買ったら読む本

book120.jpg 家を買ったら読む本/晋遊舎ムック

この度、良くご質問などをいただく・・ 住宅(新築マンション、一戸建て)を購入したときの”しなければいけない事””心がけておきたい要素””内覧会に関する要素””住宅のお手入れポイント”などを一冊のムック本として発売することになりました。主に「内覧会関連情報」「住まい方情報」について監修させていただきました。ご参考としていただけたら幸いです。

住宅チェック・内覧会同行検査

新居(戸建て・マンション)を購入・お引越しをするにあたって、最初に”住まい”の特性を確認・知る機会となるのが「内覧会」です。単に”キズ・汚れ”を確認するだけでなく、住戸の”機能”をきっちりとチェックしておくことはとても大切なことです。

そんなお手伝いを一級建築士として専門家の視点・経験を活用する形でさせていただくのが「内覧会同行検査」です。下記にHPにて詳細内容を帰していますのでご参照いただければ幸いです。

■新築一戸建て住宅の内覧会同行検査

■新築マンションの内覧会同行検査

■同行検査の料金システム

住宅「引越し準備」情報:「エアコン設置関連」「フローリングの種類・ワックス対応の有無」

*お問合わせ・質問など: check@baumplanning.com

◇スポンサードリンク◇

2014年11月05日

狭い土地いっぱいに建てられた建売住宅には注意が必要!

ie02.jpg

施工技術・建材開発は年々進んでいるはずなのですが・・。何故か欠陥住宅や住宅の不具合は無くなりません。無くならないどころか、増加傾向と感じることもあるくらいです。

基本的に、戸建て住宅の場合(特に2×4工法と呼ばれる住宅)施工方法がとても簡単なものとなっています。極論すれば、匠の技術など有している必要もなく、プラモデル感覚で住宅が作ることができるようになってきているんですね。技術が進んで、簡単に作ることができるようになるということは、一見良い出来事のはずなのですが・・。

現実的には、悪影響として現れる要素を増やしているように感じているのです。具体的には、作り手側に匠の技術が必要となくなっていることが、「建物に関する知識」を失わせていることに繋がっています。また同時に、昔は「ひとつの作品(住宅という)を作り上げる」という感覚を多く人が有していたのですが、現在では、「単に流れ作業的に仕事をこなしている」といった感じで、建売住宅などは作られているように感じることが多いのです。

それゆえに、「丁寧さに欠ける」ことが多くなり、「施工ミスも増加」「欠陥住宅も多々存在する」のが実情となっているように思うのです。せっかく、建材開発など機能性は高まっているのにも関わらず・・安易な施工ミスは、多々生じる結果に・・。内覧会同行検査という業務を行っていると、丁寧さに欠けた「建売戸建て住宅」の多さは、本当に良く目に付くようになっているといることを実感してしまいます。


■狭い土地いっぱいに建てられている建売住宅には注意が必要!!

近年、建売住宅において、「木造三階建て住宅」が増加するとともに、とても狭い土地にいっぱいいっぱい住宅を計画している物件を多々見かけるようになりました。

土地の有効活用といえば、聞こえは良いですが・・これは売り手側が少しでも利益を上げるためにと、本来は「1戸の二階建て住宅」に適した土地なのにも関わらず、「2戸の三階建て住宅」を作って販売してしまう・・といった傾向があるからなんですね。

ゆえに、建物外壁と近隣境界のフェンスなどとの空地がほとんど無い住宅が多々創出されています。本当は少なくとも、人が余裕で歩けるくらいの「60cm以上」の空間は必要なものなのですが・・境界線との隙間がほとんど無いような建売住宅も度々見かけます。

そんな住宅には、施工不良・住宅欠陥が存在している可能性がかなり高いものとなっています。最大の理由は、「給水」「排水」「雨水排水」の設備配管のトラブルが存在しやすくなるから。

実際、敷地いっぱいに建てられた建売住宅で、住み始めてから「壁内部での水漏れ」「雨漏り」「排水不良」などを多々目にしています。敷地に余裕を持たせた住宅と比較して、明らかに設備的な不具合(施工ミス)が発生する確率は高いものと感じています。

建売住宅は、「完成された住宅を見てから購入する」のが本来は大原則。内覧会時だけでは、もちろん全ての不具合を見出すことは難しいものではありますが、それでも最低限内覧会時にきっちりと検査・確認してから引渡しを受けるようにしていただければと思います。

建売戸建て住宅の内覧会時に実際に存在する「不具合・施工不良」要素について!!
posted by kure at 15:28| Comment(0) | 新築戸建住宅関連

2014年11月04日

内覧会同行検査時に受ける「相談」事例!「造作家具」

kaaten01.jpg

住宅内覧会は、マンションでも戸建て住宅でも、「同行検査」を伴わない場合には、概ね「1時間〜1.5時間程度」で、ささっと内覧終了となることが多いのではないでしょうか。その内訳は「住戸内の内覧時間が30分〜1時間程度」で「その他共用部の内覧及び各種関連業者(インターネット、インテリアなど)の紹介に要する時間が30分〜1時間程度」といった流れとなっています。

戸建て住宅の場合は、「共用部・関連業者」の要素がありませんので、早いと簡単に住宅設備の説明を受けて、住戸内部を内覧する形で終了。30分〜40分程度で内覧会が完了してしまうことも多いものです。

でも・・一生に一度の買い物とも言える「住宅」の引渡し前の貴重な機会をそんな程度で済ましてしまって本当にいいのでしょうかね。正直、住宅業界・建物の実情を知っている私としては、その程度で簡単に引渡しに至ってしまうことに”怖さ”すら感じることが多々あります。いろいろと要素をあげれば切がありませんが、もっと「内覧会」の機会を有意義に活用することが大切なのではないかと思っています。


■内覧会同行検査時の”相談”は大歓迎!!

内覧会業者と呼ばれる企業も多々存在するようになりましたので、これはあくまでも私の場合の話ですが・・。内覧会同行検査をご依頼いただいたときには、当日内覧時にその場で受け答えできる範囲のご相談であれば、大歓迎で対応させていただいています。

住宅業界に携わっている人々にとっては、当たり前という要素であっても、一般の人にとっては、初耳と感じる要素・出来事は案外多々存在しているもの。住宅に関して、引渡し後の不安要素やわからないことなどは、ぜひ、気軽に内覧会同日にご相談いただければと思うのです。

ただ、そのためには、ぜひ「時間的な余裕を持っておいていただきたい」と思います。忙しい中で、内覧会を迎えている人も少なくありませんので、案外内覧に時間をかけることができなくて、その後の予定も埋まっているという人も少なくないのですが・・。少しでも、良き引渡しとなるようにするためには、内覧会当日は、一日時間的な余裕を持つ中で対応することをおすすめいたします。

余裕が無い中で、内覧会を迎えると、案外単純な見落としやミスに繋がるものですからね。時間的な余裕を持っておいていただければ、内覧会当日にその場で、可能な範囲の質疑・相談に対応させていただくことが出来ますので。


■相談事例!家具計画「造作家具の導入有無」

今まで多種多様な相談をいただいていますが、最も件数的にも多く、そして有意義な相談となると思うのが、「家具計画」に関するご相談です。造作家具を検討したほうがよいのか、既製品の家具が良いのか・・オプションとして売り主から勧められているインテリア業者を活用したほうがよいのか・・など、家具計画に関しては、状況に応じて、効果的な対処が異なるものです。

ですから、私のような一級建築士を同行検査として依頼するのであれば、そんな家具計画に関する相談・助言を得るようにするといいのではないかと思います。意匠系の建築士であれば、「家具計画」の実績も豊富な人が多々おりますので。

□当事務所で対応している「造作家具の計画(コーディネイト)業務」に関しては、こちら(造作家具の設計及びコーディネイト)をご参照ください。



posted by kure at 16:34| Comment(0) | 内覧会同行検査
◇スポンサードリンク◇